大切に乗ってきたタント。満足いく価格の査定で手放してみませんか?

どうせ愛車を売ってしまうなら、より好条件で!

ダイハツタントは、2003年に発売され、今までずっとファミリー向けに非常に人気のある「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるタイプの軽自動車です。
室内も広く、乗り降りしやすいこともあり、福祉車両として使用されたりもしています。

 

そんなタントに長年のっているあなた、そろそろ売却を考えていたりしませんか?

 

でも初期のタントなら、もう10年上経ってしまっているので、売りに出してもほぼ価値はないと勝手に決めつけていませんか?
実はそんなことはないのです。どうせなら、きちんと売り方を理解して、少しでも高い価格で売りに出したいですね。

 

 

自分のタントの市場での価値ってどれくらい?!

 

2003年に初代Tantoが発売されてから、2007年に2代目TANTO、2013年に今の3代目TanToが登場しました。
軽自動車で初の新車販売台数No.1を記録するなど、非常に人気の高い軽自動車なのです。

 

平成17年式のタントなら、¥38万で査定された事例もあります。状態が悪くても、¥10万位では、買い取ってもらえるようです。

 

走行距離や、色、グレード、状態によっても査定結果は異なりますが、根強く人気のあるタントは変わらず良い値段で買ってもらえています。

 

また、リミテッドやカスタムといった限定モデルは、専門業者で高価格で取引されています。

 

 

「下取り」?「買取り」?依頼するなら、どちらがベター? 

 

依然として人気のあるタントは、条件にもよってきますが、なかなか高値で見積もってもらることが多いようです。

 

そんなタントですが、下取りと買取りだと俄然買取りの方が高く査定してもらえます。

 

2011年式 下取 :69万円 /買取 :92万円
2010年式 下取 :62万円 /買取 :92万円
2009年式 下取 :57万円 /買取 :85万円 
2008年式 下取 :47万円 /買取 :90万円

 

下取り・買取りいずれにおいても、よい条件の方が高い価格で見積もってもらうことができます。
下取りの場合、新車購入の際の値引きにしか過ぎないので、さらなる付加価値があっても、あまり影響しませんが、
買取りの場合だと、特別仕様車などの希少価値の高いモデルだとより高く買ってもらえたり、というようなことが発生します。

 

 

納得のいく価格でタントを売るには?

 

普通の方法で買取りをしてもらったとしても、タントは高値で買い取ってもらえますが、できるなら1円でも良い値段で売却したいですよね。
最初に見積もった業者に満足してしまって、後で気づけばもっと高い価格で買い取ってもらえる業者があるとわかれば悲しいですよね。
そうならないためにも、簡単なネットで一括査定を利用してみてはいかがでしょう?!

 

作業はとっても簡単で、もちろん無料なので、非常におススメです!

 

>>愛車のタントを楽して高く手放してみませんか?!<<

 

関連ページ

「ムーヴの買取査定情報と高価査定を実現するコツ」
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。