フィットの査定に重要なのは走行距離と年式だけではない理由

あなたの相棒 ホンダフィット、売るなら今がチャンスかも!?

もう愛車として利用されている方ならご存知だと思いますが…フィットは乗りやすさも燃費も良くて、コンパクトカーの中でもとても人気のある車ですよね。

 

 

あなたのフィットはどのフィット?グレードや年式、色でもこんなに違うお値段

 

もしかして…「私のフィットは買ってから長いし、たくさん走っているから売れないんじゃ…」なんて思っていませんか?

 

それは思い込みかもしれませんよ?

 

【フィット】と大きなくくりにしていますが、何年に購入したか、どのくらい走ったか、グレードや型番、色なんかでも値段が全然違うんですよ。

 

フィットに限った話じゃないですけど、購入して数度目の車検が近くなるとなんとなく

 

・車検をしてもらってこのままこの相棒と過ごすのか
・相棒をちょっとでも高く売って、新しい相棒を購入するか

 

迷いますよね。
新しく買う場合は車検の代金分も購入資金に回せますし。

 

ちなみに買い取りをされる業者さんにしてみれば、次の車検までに期間が長い方が高く買い取って貰えるみたいですよ。

 

 

 

車の買い取り査定に重要なのは【10万キロの走行距離】と【製造年式】だけ?それだけじゃないんです!

 

 

今回話題にしているフィットにはハイブリッド車とガソリン車があるんです。
その中でも2WDと4WDに分かれていて、その他細かく装備品などによって枝分かれしてるんです。

 

ちなみにちょうど10年前、平成18年式(2006年式)のフィットを例に挙げると、上限で10万円くらいが妥当なラインだと言われてます。
グレードなどによって多少の差はもちろん出ますが、10万円〜最悪1万円くらいです。
10年乗り続けていれば、走ってきた距離も10万キロと言う距離も超えている方がほとんどの様ですので、それを踏まえてもやはりそれくらいになってきます。

 

例外としては、1.5W 4WDグレードのGD2とGD4に関しては買い取り査定価格が15万円より高く付く事もありえるそうです。

 

 

平成19年式(2007年式)のフィットも、上で挙げた例と大差はないみたいです。

 

平成20年式(2008年式)のフィットの中ではRS スポーツタイプ の 4WD車 GE8、GE9に関しては50万円を超えていますね。

 

平成21年式(2009年式)のRS スポーツタイプ で60万円になります。

 

平成23年式(2011年式)であれば、基本的にグレードがどれであっても30万円以上と安定します。
価格が安定している=売れ筋 と言う事ですので、中古車を探している人も5年程度の車を探している人が傾向として多いんですね。
と言う事は、5年くらいで売ると高値で売れる可能性が高い!と言う事になります。そこが売り時です!

 

高値で売れた一例としては、4WDの中にXグレードと言うのがあって、その中のGE9と言う車が73万円で売れたそうです。

 

平成25年式(2013年式)の中では先ほどから出てきている RSグレードの型番GK5が113万円となっています。

 

平成26年式(2014年式)はどのグレードであっても70万以上はしますし、人気の高いRSグレードタイプで120万円となってます。

 

平成27年式(2015年式)までくると売る人は格段に少なくなるとは思いますが、安くても80万円より高く、高い人気を保っているRSグレードであれば130万円で取り引きされています。

 

 

あなたのフィットを高値で売る方法はこちらから

 

 

 

関連ページ

大事な大事なあなたの愛車:S2000!ちょっとでも良い条件で査定してもらいませんか?
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
ホンダのCR-Z、納得の価格で売却を目指す!
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
HONDAオデッセイを手放すなら1円でも高く査定してもらう方法
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
「フリードを1円でも高く査定してもらうために知っておくべきこと!」
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。