ニッサン

2016/12/27 08:37:27 | ニッサン
新型の電気自動車(e-POWER)追加発売されて話題となっている日産ノート。新型は絶好調な売れ行きを示していますが、逆に従来のノートのオーナーであれば、その買取価格は非常に気になることでしょう。ノートの買取価格の実例を示しながら、買取相場をチェック、そして査定額を高めるコツまでをお伝えします。ノート各モデルの買取り価格日産ノートは、初代モデルが2005年に発売されました。その後、2012年までの7年という長いモデルサイクルとなった車種でした。小回りのきく5ナンバーサイズの5ドアハッチバックのボディに1.5Lエンジンを搭載、オーテックジャパンが架装したエアロ仕様の「ライダー」もラインナップされま...
2016/12/13 08:28:13 | ニッサン
キューブ=CUBEとは、日産から生産・発売されているトールワゴンで、知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。英語で立方体という意味の“CUBE”は、室内空間の広さや、ボンネットが際立つそのキュートなデザインから、若者や特に女性に圧倒的な人気を誇っています。今回は、そのキューブの魅力に迫り、中古車業界での相場や、買取り・下取り事情などについても研究していきたいと思います。依頼するなら下取り?それとも買取り?キューブは、発売からずっと非常に人気があり、街中でもたくさん見かけると思います。それくらい中古車市場でもたくさん在庫があり選びたい放題の状況です。新車でキューブを購入された方は、車検...
2016/11/22 09:19:22 | ニッサン
大きすぎず使い勝手の良い、そして海や山も似合うステーションワゴンとして、日産ウイングロードは1996年に発売されました。それ以前には、日産にはサニーのワゴンモデルであったカリフォルニア、そして商用ADバンの派生モデルであったADワゴンが存在しましたが、この2車種を統合する形で開発されたのが、ウイングロードです。クラス的には、カローラ・フィールダーと同じカテゴリーで、このサイズは商用でも多く使用されていることから、街中での取り回しが非常にしやすいのです。1999年にはライダーと呼ばれる、エアロを装着したスポーティグレードも設定されるようになり、標準車はファミリーや年配の方に、ライダーは若者向けと...
2016/11/16 11:23:16 | ニッサン
スカイラインという車を持っていたからこそ、日産の知名度も不動であったと言っても過言ではない名車、それこそがスカイラインという車種です。箱型のボディを持ちながら、4代目以降は歴代丸目4灯のテールランプが与えられていたことから、その後姿を連想する方も多いのじゃないでしょうか。排ガス規制によってGT-Rが消滅していた時代もありましたが、それでもスーパーシルエットなど、いつの時代もファンをワクワクさせてくれました。このような背景から、中古スカイラインを求める層も多く、買取の専門でも買取額を高くしてもらいやすい車種と言えます。スカイラインの買い取り価格の状況スカイラインを中古車で求める人は、そのスポーツ...
2016/11/01 15:03:01 | ニッサン
キューブは、ご存じのとおり、1998年、日産で発売開始しました。発売当初は名前の通り、箱型で、さいころのような外観でした。2008年にフルモデルチェンジした後、外観は以前の車よりも丸みのあるデザインです。このかわいらしい外観は女性の心をわしづかみにしました。もちろん、外観ばかりだけでなく、小物入れがたくさんあることや、広い空間、シートのデザインが素敵なことでも女性の支持が多いようです。イギリスのメーカーと一緒にデザインした2006年発売のコンランなんて、リビングの中のような気分にさせる内装です。もちろん、男性にも喜ばれている所はあります。ライダーの正面を見ると、両サイドに4つ並んだライトがなん...
2016/10/17 10:29:17 | ニッサン
セレナは5ナンバーなのに、車内がとても広く、若者や家族層にかなりの人気のある日産のミニバンです。また運転もしやすく、シートアレンジの種類が豊富といった機能がたくさんあることも人気の秘訣です。愛車を売るにしても大切にしてきた自分の車なのですから、より高い価格で売りに出したいと思いますよね。そこで、これから愛車をより高く売却するために覚えておかなければならない点について述べたいと思います。下取りにする?買取りにする?さっきも言いましたが、セレナは人気車種なので、ディーラーで下取ってもらったとしても高値を期待することはできるでしょう。ですが、予習しないまま、丸腰でディーラーに依頼すると、相手の話をそ...