日産CUBEの査定大幅アップを目指して!

人気者の日産キューブ

キューブ=CUBEとは、日産から生産・発売されているトールワゴンで、知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。
英語で立方体という意味の“CUBE”は、室内空間の広さや、ボンネットが際立つそのキュートなデザインから、
若者や特に女性に圧倒的な人気を誇っています。

 

今回は、そのキューブの魅力に迫り、中古車業界での相場や、買取り・下取り事情などについても研究していきたいと思います。

 

 

依頼するなら下取り?それとも買取り?

 

キューブは、発売からずっと非常に人気があり、街中でもたくさん見かけると思います。
それくらい中古車市場でもたくさん在庫があり選びたい放題の状況です。
新車でキューブを購入された方は、車検が近づいて来ると売ろうかどうしようか迷われるのではないでしょうか?
そして考えるのが売るなら“下取りに出す”のか“買取りを依頼する”のかということでしょう。
でも、実は、“下取り”では、がっかりの価格査定しかしてもらえないことが多いのが実情です。
“買取り”でも刻一刻と査定額は変化していくので、今だ!というときに、売るのが大事なポイントです。

 

 

実際の買取り相場は?

 

キューブは、
1998年〜2002年:初代Z10型
2002年〜2008年:2代目Z11型
2008年〜現在:3代目Z12型/N12型)
という風に、今までに2回フルモデルチェンジを行ってきました。現行の3代目Z12型/N12 型が一番人気です。

 

Z10型<初代>は平成10年〜平成14年に生産されたモデルですが、まだ今でも街でよく見るモデルです。
Z10型の買取相場は以下のようになります。
1998(平成10)年 :16万km: ¥5万―
2000(平成12)年 :15万km: ¥8万―
2000(平成12)年 :9.8万km: ¥10万―
2000(平成12)年 :10万km: ¥7万―
※諸条件により具体的な査定額は異なる。

 

Z11型<2代目>は約15年落ちのモデルになりますが、まだニーズはあります。
15年以上たったものだと、価値無しと査定されてしまうこともありますが、
2004(平成16)年製の“アジャクティブ”12万qで¥11万、“ライダー”5.5万qで¥45万という査定がされていたりもします。

 

下取り相場はというと、下記のようになっています。
2012(平成24)年式の下取り相場=70万円―100万円ほど、2013(平成25)年式の下取り相場=80万円―115万円程度です。

 

 

限定車:キューブ・コンランの魅力と査定

 

英国のインテリア家具ブランド『コンラン』とコラボして作られた『キューブ・コンラン』。
2004年に1000台限定で発売され、2週間で完売してしまいました。2年経った2006年に『キューブ・プラスコンラン』が発売されました。
スタイリッシュな赤いシートに、しゃれたインテリア、ボディはパールホワイトとショコラの2色あり、高級感と可愛さを兼ね備えたこのモデルは、
とても貴重なモデルとして高く査定してもらえるでしょう。
状態や走行距離などにもよりますが、80万円以上の査定がなされる可能性だってあります。

 

 

キューブを納得の価格で売ろう!

 

2017年にキューブはモデルチェンンジがあると言われています。現行の3代目は発売から8年目なので、売るなら今が絶好のタイミングでしょう。
流通量も多いので、なかなか良い条件で買ってもらうのは難しいことですが、正しい方法で査定をしてもらえば、ちゃんと高く買ってもらうことができるのです。
下取りをしてもらっても、先ほど見たように、買取りほど良い査定結果にはなりません。
なので、キューブを売却する場合には、買取りをしてもらいましょう。そして一社だけではなく、複数の業者に査定してもらうのが鉄則です。
それを簡単におうちで実現できる方法があります。ネットで簡単な情報を入れるだけで複数の会社からの見積結果を入手することができるのです。

 

>>キューブの査定結果をおうちで楽々確認!<<

関連ページ

今が高価査定時!日産セレナの売却を考えているあなたに!
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
キューブの賢い査定の仕方
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
日産のスカイラインならこうして査定を攻略すべき
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
日産のウイングロードを査定に出すのなら
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
日産ノートの買取相場のチェックと査定額を高めるコツ
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。