キューブの賢い査定の仕方

女性に圧倒的な人気のキューブ

キューブは、ご存じのとおり、1998年、日産で発売開始しました。
発売当初は名前の通り、箱型で、さいころのような外観でした。

 

2008年にフルモデルチェンジした後、外観は以前の車よりも丸みのあるデザインです。
このかわいらしい外観は女性の心をわしづかみにしました。

 

もちろん、外観ばかりだけでなく、小物入れがたくさんあることや、広い空間、シートのデザインが素敵なことでも
女性の支持が多いようです。

 

イギリスのメーカーと一緒にデザインした2006年発売のコンランなんて、リビングの中のような気分にさせる内装です。
もちろん、男性にも喜ばれている所はあります。

 

ライダーの正面を見ると、両サイドに4つ並んだライトがなんとも言えずカッコイイ。

 

そして、広々とした内部空間はちょっとしたアウトドア用の荷物を積み込む時に便利なんです。
もう少し大きいサイズに乗りたい人にはキュービックがお薦めです。

 

 

中古車市場の事情

 

いいところだらけのキューブは中古車でも人気です。
それは、ライバルとなる相手が少ないんです。

 

同じサイズだと、軽自動車が多く、軽自動車だと満足しきれない人は、どうしてもキューブになるんですよね。
それに、景気がよくないこのご時世、新車購入よりも、少しでも安い中古車に目がいってしまって当然でしょうね。
と言うわけで、中古車になる査定額も期待できるはずです。

 

 

査定額の差

 

2000年以前(初代のキューブ)1万円前後
2003年(平成15年)4万円ほどの下取りに対して、10万円の買い取り
2004年(平成16年)5万円ほどの下取りに対して、10万円以上の買い取り
2005年(平成17年)10万円ほどの下取りに対して、20万円をくだらない買い取り
2007年(平成19年)55万円ほどの下取りに対して、60万円をくだらない買い取り
2009年(平成21年)60万円ほどの下取りに対して、65万円以上での買い取り

 

 

これは参考価格なので、絶対この査定額が出る保証はありません。
でも、どの年式でも、買取価格が高くなっていますよね。

 

それは、新車を売りたい会社と中古車を売りたいという大きな性質の違いからきています。
キューブの場合でいうと、同じZ11やZ12でも、ライダーやコンランプラスの方が買い取り額が高くなるはずです。
また4WDの方がさらに、高額になるのは間違いないでしょう。

 

さらに、限定販売のキュービックなどは、査定額に違いが出てくるはずです。
同じ車種としてひとくくりにしてしまうことなく、車の特徴を見極めている買い取り業者の特徴があるからです。
10年を超えてしまったものや、走行距離が大幅に多いものになると、少し低くなるのは仕方ありません。

 

 

もう一つ手間をかけて

 

せっかく、買い取り業者に査定を依頼したくなったあなたは、もう一歩進んでみませんか?

 

買い取り査定を一社に絞るのではなく、数社に査定を依頼するのです。
オークションにかける気持ちで査定を受けてください。

 

本当に欲しい人は値段が上がっても買おうとするのです。
実車を運ばなくても、インターネットで見積もりするだけでも実感できるはずです。

 

 

さぁ、本当に大事な車を売りたくなる業者は見つかりそうですか?
大好きな車のために、最後まで手をかけるといいことありますよ。

 

>>キューブを高額査定にする方法<<

関連ページ

今が高価査定時!日産セレナの売却を考えているあなたに!
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
日産のスカイラインならこうして査定を攻略すべき
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
日産のウイングロードを査定に出すのなら
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
日産CUBEの査定大幅アップを目指して!
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。
日産ノートの買取相場のチェックと査定額を高めるコツ
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。