スバル フォレスターを高く査定してもらうためのテクニック

スバル フォレスターを高く買い取ってもらうためのテクニック

フォレスターはスバルが1997年からラインナップに加えたクロスオーバーSUVであり、現行の4代目に至るまで多くのファンを獲得してきました。
およそ20年の歴史を持つフォレスターを高く売ることができるテクニックをご教示します。

 

 

査定額はかなり高めのフォレスター

 

スバルの世界戦略車とも言えるフォレスターは、初代は1997年に登場しました。
インプレッサをベースとしながらも、廉価版を設定せず高級感を持たせたのも特徴で、発売当初から全グレードにターボのエンジンを標準装備していました。

 

2代目へとバトンタッチしたのが2002年、デザインはキープコンセプトと言えますが、プラットフォームから一新され、さらに熟成度を高めました。

 

この2代目フォレスターに当たる2004年式の査定価格は以下のようになっています。

 

X20 2.0L 走行距離:161,000km 90,000円
クロススポーツ(2.0ターボ) 走行距離:83,000km 350,000円
STi 2.5L 走行距離:59,000km 830,000円

 

歴代、STiによるチューンドモデルも設定されてきましたが、スペシャル感の圧倒的に高い【STiバージョン】は、査定価格もかなり高めとなっています。

 

2代目のフォレスター後期から設定された特別仕様車である「エアブレイク」も査定額が高めです。
エアブレイクは2.0LのNAエンジンながら、布製シート・本革シートやHDDナビを装備、ベージュの内装色で高級感を持たせたモデルです。
こちらも10年経過したモデルですが、平均の買取額は200,000円〜650,000円と、高めで推移しています。

 

先代モデル(3代目)となる2011年式での査定価格もご紹介します。

 

2.0XS スタイル 走行距離:73,000km 780,000円
2.0XS 走行距離:14,000km 1,390,000円
Sエディション 走行距離:22,000km 1,880,000円

 

 

ディーラー下取りは損をする

 

愛車フォレスターの買い替えを考える時、下取りをすることを前提にして新車購入の交渉をされる方も多いはずです。
交渉がうまく行えて大幅値引きを引き出せたように見える場合でも、実は下取車の査定はそんなに高くなっていないケースが多いのです。

 

フォレスターの場合、2011年式なら800,000円から1,300,000円、2012年式であれば800,000円から1,600,000円の査定額がついています。
これがディーラー基準の下取り価格だと、500,000円から1,100,000円なのです。
この現状からみても、その差は大きく、買い取りに出した方が大きなメリットがあることがわかります。

 

しかしそれでも、買取店までわざわざ足を運ぶのは面倒、という方には、一括査定をネットで申込むという便利な方法があります。
まずはこの方法で高値を付けてくれる買取店を探し、最後に実車を持ち込むか、出張査定を申し込んで、
最終的な査定金額を取ってみる、という流れで行えば、ほんのちょっとのひと手間が、大きな成果を生んでくれることでしょう。

 

>>フォレスターを高く売る!一括査定依頼に興味を持たれた方はこちらから<<

関連ページ

インプレッサに高値がつく本当の理由とは・・・
車査定の悩みや不安を一発解決できるように日々研究しているサイトです。